カテゴリ:仕事 あれこれ( 172 )

来年の仕事のこと

ひどい内容だったけど、来年のPOL(Position of Leadership)の面接は終わって結果待ち。担当したい教科や学年、長期休暇の希望は今月末が締め切りです。さくっと決められそう。新聞やオンラインに求人広告も増えています。

[PR]
by carparkee | 2018-08-13 06:35 | 仕事 あれこれ | Comments(0)

7月29日(日曜日)から来ていた日本の高校生のグループが明日の朝、無事出発となりそうです。全部で10日間のプログラム、9泊のホームステイや5日間の学校体験、準備は何かと大変です。でも、生徒たちの笑顔や日本語の上達具合(これがすばらしい)、ホストファミリーになってくれる保護者の協力、特別授業をしたり細々したことを手伝ってくれるスタッフのおかげで今年も乗り切れました。間に入ってくれている旅行代理店のスタッフにも恵まれています。

[PR]
by carparkee | 2018-08-06 19:55 | 仕事 あれこれ | Comments(0)

来週の水曜日にやる12年生(高校三年生)の読解のテスト、久々に迷走し、何度も書き直してやっと昨晩完成しました。トータルで1200~1600字の文章を読んで、設問に沿って原稿用紙に500字でまとめるというい問題。時間は80分から100分。

いつもなら単元が始まる頃にはテスト問題がほぼ出来上がっていて、そこに向かって進んでいくのですが、見通しがはっきりしないまま単元に入り、じっくり考える時間を確保できず、特別研究も並行してやりながらで、直前になって焦ることになりました。

水曜日の練習テストの結果&返却時の話し合いの様子を見ると、この方向ならそれなりの点数が取れそうだと思います(希望的観測)。練習テストにちょっと似た問題に仕上がりました。

週末の仕事、一つ完了。今週末はもう一つ、やらなければならないことがあります、中間管理職の申し込み。


[PR]
by carparkee | 2018-07-28 10:46 | 仕事 あれこれ | Comments(0)

上司の評価に携わる

カリキュラム担当の副校長が評価の時期に入ったとかで30分のインタビューに呼ばれました。パネルは外部から来た教育コンサルの人と昨年退職した副校長。インタビューに呼ばれたのは私が知る限りで五人。ランダムに選んでいるようで、ランダムじゃないような...。


何にも準備しないのはまずいだろうと昨夜、一週間前に来ていたメールを読み、質問事項四つを書き出してみるものの、何を話したらよいのやらさっぱり思いつきません。「何を言ったらいいかな~」と娘に相談していたら(はぁ?って顔していたけど)yellow-busさんが何をしているんだとつっこみを入れてくれました。ありがとうございます。


四つの項目とは:

Positive skills and attributes

Major achievements in the role as Deputy Principal

The areas of performance requiring improvement and reasons for this assessment

The issues/challenges you would like to have addressed by this person in the future 

最初と最後は言いたいことがあったけれど、一番困ったのがMajor achievement、思い当たらない。最近やっていたのはオンラインレポートの導入に関することばかりで、学びにつながる仕事をしたのは遠い昔のような気がする。

困ったまま出勤し、思いきって隣にいる他の教科主任に相談してみたら「私も困っていたのよ~」とのこと。しかも、上記の項目があることすら知らなかった(何とかなるものだけど)。

困ったままインタビューに突入し、思うままに話してきました↓:

Major achievement について昨夜から考えていますが、これといって思い当たらないのです。DPの成果は教科主任チームの成果、その一員でもある私の成果でもあるはずです。だから、思い当たらないというのはとても残念なことで、正直がっかりしています。生徒の学びがこんな風によくなった、よくなるように話し合ってやってみて、私たち教員にもこんな学びがあった、という仕事を一緒にしたいです。



ボスの評価というより、今の職場の状況に関する気持ちを伝えた感じです。信頼できる上司なので、一緒にいい仕事をしたいです。



[PR]
by carparkee | 2018-07-27 06:51 | 仕事 あれこれ | Comments(0)

年ごと(三年ごとだと思っていたのですが)に学校方針を見直し、行動計画を立て、評価をするSIF (School Improvement Framework) の一貫で、中間管理職の構成が来年から変わることになりました。学校の中間管理職とは学年主任、教科主任、読み書き向上プログラムの主任、などを指します。

さて、今回の変更、教科主任の例を出すと:

これまでは各教科の教科主任が7年生から12年生までの6年間のカリキュラムを担当していました。来年からは、いくつかの教科を統合し、二つに区分けするそうです。つまり、理科と数学科にそれぞれいた教科主任は、一人が7年生から10年生までの理科と数学科担当、もう一人が11年生と12年生のVCE理科と数学科担当、となるわけです。私がこれまでやっていた外国語科の主任は、7年生から10年生までのMYPで一人、11年生と12年生のVCEでは英語科と外国語科が統合されて一人配置です。今後、他教科も統合する方向にあるようです。それぞれの業務は縮小?なので、与えられる時間は8コマから6コマと減りました。

「こう決めました」と発表があっただけなので、どのように機能するのか、まだよく分かりませんが、どのポジションに応募するか、そもそもしないのか、7月中に決めないといけません。

三~四年なんてすぐで、良くなったのかどうかも分からないうちに次の行動計画が提示され、SIFに費やすコストも労力もて意味があるんかしら?と思っていました。が、恩師による学校独自の採用プロセスのメリット&デメリット(↓)を見ると、変えていくことそのものに意味があるのかも、と。

ちなみに、オーストラリアの学校はリーダー構成(校長、副校長なども含め)が学校独自で、それぞれ異なります。例えば、娘の学校は大きくてキャンパスが道路を隔ててジュニアとシニアに分かれています。それで、全体の校長、それぞれのキャンパスに校長がいて(副校長みたいな)、その下にいろいろリーダーの先生がいるみたい。

勤務校は校長、副校長三人(カリキュラム、生徒指導、信仰)、デイリーオペレーターというカレンダー管理の人など。私は教科主任なので、カリキュラム担当の副校長がボスになります。2学年(たとえば(7,8年生)を三人の学年主任で担当(カリキュラム、生徒指導、信仰の組み合わせ)、その他いろいろ。

SIFについてはこちら。いわゆるPDCAモデルです。

学校独自の採用プロセスのメリット&デメリット
・ イヤでもそこに居ないと食べていけないデメリット。無駄に転勤しなくていいメリット
・ 学校評価・教師評価と連動していると、首切りの可能性が高いデメリット
・ 短期雇用が多いそうですが、教職の不安定を意味し、人が集まらない
・ 東アジア圏なら不正の可能性がかなりあると思われます
[PR]
by carparkee | 2018-07-05 07:18 | 仕事 あれこれ | Comments(2)

採用のプロセス

チームの一人が産休・育休に入るにあたって新しい教員の採用することになりました。いつもならショートリスト(送られてきた履歴書に目を通し、面接に呼ぶ人を決めること)は校長の仕事で、教科主任の私は面接を一緒にするだけなのですが、今回はそれもやるように言われました。理由は不明です。信頼されているようでありがたくもあり、仕事が増えてふぇ~でもあり。ま、それほど多くの募集があったわけではないのですが。日本語教師のコミュニティに募集を出したのも私でして...。

しかしながら、すべての過程に関わって勉強になりました。次のポイントが大切だと思われます。

  • 応募する学校についてきちんと調べること(基本中の基本、でも、できてない人が少なくない)
  • そこにどうやって貢献できるかを明確にカバーレターに書き、面接でも言えること
  • それを踏まえて仕事に対する情熱を伝えられること
  • いつもの授業の様子を、工夫している点も含め簡潔に述べられること

おかげさまで、新しい人も決まりました。今日は引き継ぎのミーティングがありました。寂しくなってしまいますが、新しい人と一緒に新しいことができるチャンスでもあります。

ちなみにオーストラリアの学校は公立、カソリック、私学、その他を問わず学校単位の職員採用で、履歴書を送って面接に通れば採用になります。採用試験のようなものはありません。年度末にあたる11月ごろ募集が増え、新聞やインターネットで求人広告が出ます。育休や長期休暇などで中途採用もたくさん出ます。短期の募集はあっても、期間の区切られていない募集が少ないのは教育関係も同じです。

[PR]
by carparkee | 2018-06-22 19:29 | 仕事 あれこれ | Comments(5)

スープクラブ

寒くなってランチにスープを持ってくる人が増えると「スープクラブしようよ」という話になること数年。

重い腰を上げてくれた同僚がいて、先週とってもおいしいブロッコリとブルーチーズのスープをご馳走になりました。小分けにするタッパーも買ってきてくれました。

で、今週は私が担当〜って作ったのはyellow-busさんですけども。豚汁、六人前!念のため、こんにゃくとサトイモは入れてません。グルテンフリーの人にはお味噌を使わず、GFのお醤油で味つけ。
f0075460_20453477.jpeg

来週はベトナム系の同僚がラクサを作ってくれるそうです。再来週は何かなぁ、楽しみです!

それにしてもタッパの色、ひどいですよね。

[PR]
by carparkee | 2018-06-06 20:23 | 仕事 あれこれ | Comments(0)

げ~、またテスト~⁉

いつもカレンダーとにらめっこ、授業数を数えては、なんとか単元をこなしていく毎日です。

上級生になると学期末または学年末試験の期間は決まっているものの、それ以外はいつ、どこで、どんなテストをするか、または評価課題を出すかは、小テストなんかも含めてそれぞれに任されています。大方は前年までの経験から決まっているのですが、それでも調整が必要になるし、今年からオンラインで随時成績とコメントを配信するシステムも導入されて、本当に忙しいです。

学期末なのもあって、授業数が限られている状況。採点の終わった読み取りのテストを返却した授業で次の聞き取りのテストの内容と日程について伝達。「げ~、また~?」という生徒に「同感なのよ、実は。やらないで済むなら私もテストしたくないわ」とつい本音が。

テストのために教えるような本末転倒の日々、悩みます。





[PR]
by carparkee | 2018-05-30 18:39 | 仕事 あれこれ | Comments(0)

今回、娘のオーストラリア選手権出場は平日二日間のため一日は早退、もう一日は欠勤の申請をしたのは三週間くらい前のことです。「いつも頑張ってもらっているから有給にしてあげたいところだけど(困ったわ...)」というボス。後で内々に処理するから、休むことは誰にも言うなとの指示。微妙なラインであるらしい。休む準備はしてきましたが、有給扱いなのか無休扱いなのかは分からずじまい。

嘘をつくのはいやで申請したんですが、当日にしらっと病欠を取ったほうがボス的には対応が楽だったんじゃないか思われます。代講してもらう準備がばっちりできている「ちょっと今朝は調子が悪くて~」という欠勤、いやなんですが仕方がないのかな。

[PR]
by carparkee | 2018-05-20 11:07 | 仕事 あれこれ | Comments(0)

以前にも書いたと思うのですが、年に二度成績表を出す作業は手間がかかるし、無駄だと思っていました。ちゃんと読む人は僅かだろうな~と。そのプロセスはこんな風:成績を付けて、コメントを書いて、決められたパートナーと互いに添削し、印刷して、また添削・訂正して、まとめて、発送する。人手もかかります。各教科につきA4用紙1枚の成績表なので、全教科合わせるとそれなりのページ数。各ページにこなした課題と点数の一覧、どんなことができるようになったかのコメント、今後やったほうがいいことのコメントが書かれています。

印刷に使う紙の量も相当なので、PDF化してオンラインで配信する学校が増えていました。余計にさらっとしか読まないことになります。

ここ数年、勤務校ではサポートが終了している古いソフトを使っていて、OSとの相性が悪く、作業に時間がかかるのもストレスの原因でした。

で、最近のトレンドはこれ。勤務校も娘の学校も今年から導入しているのは、期末に成績表をまとめるのではなく、課題が終わったら随時点数やコメントを配信していくシステム。

新しいシステムが導入されると仕事が増えるのは当然のこと。困ることもあるし、イライラしている人が多くなって、雰囲気が悪い。職場では努めて感情をシャットアウトすることに。

続きます。

[PR]
by carparkee | 2018-03-12 08:53 | 仕事 あれこれ | Comments(0)