カテゴリ:オーストラリア あれこれ( 41 )

珍客

勝手口の椿の枝にゴミが溜まっているのかと思ったら鳥の巣が出来上がっていて、ほどなく母鳥が卵を温め始めました。もうすぐ賑やかになることでしょう。
f0075460_09382410.jpeg

by carparkee | 2019-01-19 09:35 | オーストラリア あれこれ | Comments(0)

年越しはジーロングで

3泊も友人宅でお世話になりました。ジーロングのユニークな図書館見学に始まり、無農薬のイチゴ狩り、カワハギ釣り、海遊び。バーベキューに持ち寄りお節料理、昼食にはお素麺。思いっきり夏のお正月でありました!
f0075460_17462827.jpeg

by carparkee | 2019-01-03 16:51 | オーストラリア あれこれ | Comments(0)

旧友が遊びにきててくれて、こんなに食材やお酒を持ってきてくれました。ありがたや〜。
いっぱい遊びました!
f0075460_18340758.jpeg

by carparkee | 2018-10-04 18:31 | オーストラリア あれこれ | Comments(0)

zoats なるものを作ってみました。ズッキーニ(zucchini)を押し麦(oats)と一緒に煮たポリッジであります。 いつもと違った朝ご飯を食べたくなり作ってみました。寒い日にジョギングやライドから帰ってきて食べる温かい朝ご飯としてはいいです。小分けに冷凍してお弁当と一緒に持っていけるし。

いつもの朝食メニューに野菜をプラス!ということらしい。味噌汁のほうがいいかな、やっぱり。

zoats、グーグルすると出てきます。ズッキーニをスパイラルした zucchini noodle = zoodle と同じ感覚でしょうかね。

by carparkee | 2018-06-02 06:39 | オーストラリア あれこれ | Comments(0)

コーヒー買いすぎ

ユーレカのオーストリア産の豆と、チャペルstでふらっと入ったお店のキューバ産の豆。
キューバの豆は初めてなので楽しみです。
ユーレカではパナマにすればよかったかも、と後悔先にたたず。チョコレート風味はよいのですが、もうちょっとフルーティなのが最近は好み。
f0075460_09320638.jpeg

by carparkee | 2018-05-13 09:27 | オーストラリア あれこれ | Comments(0)

栗拾いの後に

秋の味覚、栗をたくさん拾ってきました。友人の友人宅の裏には栗林があって、栗が取り放題。やっぱり栗ご飯が一番だけど、栗スープも美味しいのだと聞きました。試してみようかしら。
帰り道、車の後ろに積んだバケツは見事に倒れ、こんな状態に。栗がゴロゴロ言うたびに笑いながら帰ってきました。家に着いてからもまた栗拾い(バケツに戻す)したのでした。
f0075460_10033233.jpg

by carparkee | 2018-04-13 10:05 | オーストラリア あれこれ | Comments(3)

送迎とコーヒー

今朝は娘と友だちをジムに送って、コリンウッドにあるACOFEEEでエチオピアの豆を購入。コロンビアのフィルターコーヒーはとても美味しかったです。
f0075460_08513247.jpeg
週末だから混んでるかと思いきや、時間帯が早めだからか、コーヒーだけのカフェだからか、店内はとても静か。落ち着いた音楽が流れていて、白が基調の広々としたカフェでゆっくりしちゃいました。後半は私一人だったし。
秋晴れの今朝はライダーがいっぱい、いいな〜。


by carparkee | 2018-04-07 08:39 | オーストラリア あれこれ | Comments(0)

ゴールドコーストでいよいよ始まりました。楽しみです。
f0075460_11051830.jpg

by carparkee | 2018-04-05 06:37 | オーストラリア あれこれ | Comments(0)

Myfanwy Jones著『リープ』

図書館でふと手にした本は近所が舞台になっている温かい小説でした。
ガールフレンドをなくしたジョーと、娘をなくしたエリースは、深い悲しみと向き合いつつ、友人や家族との関係を編みなおしくストーリーです。読んでよかった。
f0075460_09123303.jpg


by carparkee | 2018-04-02 09:20 | オーストラリア あれこれ | Comments(0)

ほんの少し先のオーストラリアや世界はどんなでしょう。

食糧難、水不足、物価の高騰(コーヒー1杯とサンドイッチで$65とあります)、格差の拡大、地球温暖化、難民問題は深刻さを増すばかり。プライバシーはゼロ。巨大な国土のインフラ整備は行き届かず小さな街は閉鎖になり、都市は人とゴミであふれる一方。許可がなければ旅行もできない。

厳しい状況の中、少しずつ暮らしぶりを立て直していく主人公のクレアに惹かれます。

「人と人が繫がっていくことにしか希望はないんじゃないか」というメッセージだと思いますが、ちょっとラストが物足りないです。

ジャーナリストが初めて書いた小説なんだそうです。

何を読んだらいいか分からないときは、図書館に行ってオーストラリアの作家、できればビクトリアに住んでいる人の作品を探します。これもそう。
f0075460_14541761.jpg

by carparkee | 2018-02-01 14:54 | オーストラリア あれこれ | Comments(2)