カテゴリ:映画( 30 )

1月25日(木曜日)に公開になったばかりのオーストラリア映画です。今週公開であることそのものが問題提起をしていますね。昨日のオーストラリアデーは「建国記念日」とされていますが、州政府が行うパレードがスワンストリーで行われている時、州議事堂の前ではデモがあったわけで。

映画は1929年のNTのアウトバックが舞台。アボリジ二のサムは正当防衛で白人を殺してしまい、妻のリジーと共に逃亡することになります。抑圧は重層的で、様々に人を苦しめます。実話に基づいたストーリーは重く辛いものですが、知っておくべき物語を美しい映像を通じて学びました。

監督のWarwick Thorntonは評価が非常に高い人のようですが、過去の作品はどうやったら観ることができるんだろう。
f0075460_17424134.jpg


[PR]
by carparkee | 2018-01-27 17:44 | 映画 | Comments(2)

L. A. コンフィデンシャル

f0075460_10394008.jpg
図書館で借りてきたDVDを元旦の夜に観ました。公開時に映画館で観た記憶があるけれど、それが20年前とは…。
とてもおもしろかったけれど、銃撃シーンは好きじゃないです、やっぱり。
展開が早くて、何度か一時停止してストーリーの確認する必要あり。
観終わった後、眠れなくなってしまい、翌日は4:30に起きてライドに行けたものの、午後はきつかったです。
キム・ベイシンガーの美しさが強く印象に残っていましたが、あれから名前を聞いていないことに気づきました。

[PR]
by carparkee | 2018-01-03 11:22 | 映画 | Comments(0)

ワンダー

f0075460_19255831.jpg
「wonder」を観てきました。原作は、この↓印象的な表紙の小説。娘が大好きな本の一冊です。

生まれながらの障害で、何度も整形手術を受けてきた10歳の少年・オーギーの物語。ホームスクーリングをやめ、小学校に通い出すところから映画は始まります。オーギーを中心に、オーギーのお姉さん、その友人、オーギーと仲良くなっていく子どもたちやオーギーの両親、いろいろな視点からストーリーが語られていくところが魅力的な作品でした。「うん、みんな、いろいろあって、揺れ動きつつ、少しずつ前に進むんだよね」と。

f0075460_19263222.jpg






[PR]
by carparkee | 2017-12-30 19:29 | 映画 | Comments(0)

天気が悪く、大雨暴風警報も出ている中、今年も行ってきました日本映画祭。タイトル通りのすっごく熱い愛。心が温かくなり、一日一日を大事に過ごさなくては、と思いました。アホな私はハンカチを持っていくのを忘れ、ぼろぼろになるポケティでなんとか乗り切りました。

娘が通う学校で事件が起きた時、担任教師が形式ばった話をクラスにします。親が子に向ける熱くていろんな感情が混ざった、時には心を鬼にしなきゃならない愛とのコントラストが描かれていて、印象的でした。

f0075460_05171422.jpg
Nさん、今年もお付き合いいただきありがとうございます。

余談
実のところ、雨量は予想されていたほど多くなく。それでもメルボルンでは一瞬どちゃっと降るとすぐに公共交通機関がメタメタになってしまいます。娘は学校から帰ってくるのに3時間弱かかり、よく頑張りました!いつか、こんなことがあるだろうと思っていましたが、これが電車とバスで帰ってくるのに慣れた年末で、ホルンもなく、カバンの軽い日でまだよかったです。

[PR]
by carparkee | 2017-12-02 05:35 | 映画 | Comments(0)

イギリスの装飾やデザインで視覚的に楽しめたのは前半のみ。後半は暴力シーンが多く、観るに堪えないもの。素敵なコリン・ファースが観たいだけだったのに、途中で殺戮に加わったうえに銃殺されちゃってもう登場せず。ひどい…。
娘がお泊りに出かけて、一人の時間〜ってウキウキしてレンタルしてきたのに、がっかりです。
f0075460_21162443.jpg

[PR]
by carparkee | 2017-10-27 21:20 | 映画 | Comments(0)

明日は日曜日。用事もなくて、朝寝坊できる(走りに行かなくてもいいから)日曜日なんて、ほんと久しぶり。娘と一緒にご飯を食べに行くつもりが、ピザ買ってきて、DVD借りてきてムービーナイトとなりました。公開時に観に行けなかった「ヒドゥン・フィギュア」をようやく。

アメリカ映画〜な脚色や演出はちょっと...でしたが、困難な状況であっても活躍されていた女性たちの物語は魅力的です。本もいいのかしら。
f0075460_10353761.jpg

[PR]
by carparkee | 2017-10-21 19:47 | 映画 | Comments(0)

f0075460_18315202.jpg
出だしはコミカルにテンポよく展開しますが、後半は対立や悲しみが描かれます。19世紀、インドから記念品を献上するためにイギリスに渡ったアブドゥール。気に入られ、孤独に苦しむ年老いた女王を深い敬愛でもって支えます。女王の毎日には新しい風が吹き込むのだけれど、二人の友情は周囲には理解されず反感を買うばかり。ふーん、そんなことがあったのね〜という映画でした。

ゴールドクラスのペア券を頂いたので行ってきましたが、映画が始まる前に専用ラウンジでまったり。飲み物や食べ物を運んでもらうタイミングを映画の前、中盤、後半の三つから選べたり、ペアそれぞれを席にエスコートしたりするサービスにびっくり。座席も32しかなくて、広々しているし。
f0075460_18244152.jpeg

[PR]
by carparkee | 2017-10-04 18:06 | 映画 | Comments(0)

夏休み映画の2本目、娘のお友だち姉妹と一緒に。オーストラリアの映画です。
西オーストラリアで鉱山業が始まる前の1960年代の話。10代の少年が父親を亡くし、母親は精神的バランスを崩して入院してしまい、ど田舎に住む祖父に預けられることになります。その土地で出会った犬(名前はブルー)との友情と少年の成長の物語。
どこまでも続く赤い大地の美しいことと言ったらありません。
f0075460_12581050.jpg

[PR]
by carparkee | 2017-01-19 13:12 | 映画 | Comments(0)

『ジャッキー』

娘のトレーニングが3時間と短めで、時間つぶしに90分ちょっとの映画を観に。
危機に立ち向かうジャクリーン・ケネディの誇りと強さに惹かれました。
f0075460_17390260.png


[PR]
by carparkee | 2017-01-14 17:52 | 映画 | Comments(0)

『シング』

2017年の最初の映画はこちら。娘がどうしても観たいと言いまして。友だちかyellow-busさんと一緒に行ってくれないかと企みましたが失敗。「夢は簡単に諦めちゃいかん」というメッセージとリズム感のよい音楽が盛りだくさんでした。ラストのDon't you worry 'bouta thingがとてもかっこよかったです。
f0075460_16352466.jpg

[PR]
by carparkee | 2017-01-13 16:50 | 映画 | Comments(0)