ファンデーションと化粧下地

新しいものが欲しくなって、少し前にリキッドファンデを買いました。
Bobbi Brownにしようか、CliniqueにしようかなどとMYER(デパート)の化粧品売り場を何周もして、結局は店員さんが一番話しやすかったMACで買いました。デパートで化粧品買うの、なんだか緊張してしまって好きになれません。ちなみになんでも日本より高めだから泣けます。

色選びのとき、「今つけている(日本で買ったもの)あなたのファンデは明るすぎるわ」と言われて勧められるままに購入したファンデ、フィット感は良いのですがワントーン濃い目です。オーストラリアに来て日焼けしちゃったんだなぁ~くらいに思っていたのですが、本日自分が写っている写真を見てファンデの濃い色にビックリしました。やっぱり、ファンデは日本で買うべきだと思います。

ちょっと気になるのが化粧下地。肌色補正・日焼け止め・保湿の機能を兼ね備えた、しかもお手ごろ価格の化粧下地が見つかりません。SPF値がそれなりにある日焼け止めなら白くなってしまうし・・・。ほんのりピンクでパール感もある化粧下地、日本に帰ったらぜったいに買わなくてはなりません。日焼け止めの入った日中用クリームをつけたら下地なしでファンをつけるで、というのがオーストラリアでは一般的なのではないか、という気がしますがどうなんでしょうか。
[PR]
Commented by カトリーヌ at 2008-08-06 12:00 x
オーストラリアのデパートで化粧品買ったんですね。
私は未だに試してみる勇気がでません。
なかなか、自分のお気に入りの化粧品って、日本にいても見つけるのが大変ですよね。こちらの日本人の人でも、肌の色の関係で、ファンデ・化粧下地だけは、日本で調達って人多いみたいですよ。
私も、次に両親がきたときor自分が日本に帰ったときの買い物リストにいっぱい化粧品がのってます。
Commented by carparkee at 2008-08-07 22:04
>カトリーヌさん
化粧品など自分のものは悪くて親に頼むことができず、MYERで買うことになりました。娘さんのものはたくさん送ってもらってるんですけれど。そうそう帰れませんし、オーストラリアで調達できるものに慣れていきたい、という気持ちがありますが、やっぱり化粧品は日本で・・・という感想です。
by carparkee | 2008-08-03 22:16 | Comments(2)