自転車とヘルメット

オーストラリアの子どもはヘルメットを嫌がるのだろうか、ふと疑問に感じた。義務づけられていると当たり前になって、嫌がることもしないだろうか。

子どもが大きくなってきて、必要に迫られ新しい自転車を購入した。引っ越しまで残り一年だから痛い出費だったがおんぶ紐を卒業できこちらは快適だし、自分専用の座席に子どもは上機嫌だ。ビュンビュン飛ぶ景色はおもしろいことだろう。

ありがたいことに、うちの娘はヘルメット(帽子も含む)が大好きだ。家の中でもかぶっていたいくらいの気に入りようで、地震大国・日本で生き残る術を本能的に身につけている。

黄色のヘルメットをかぶり得意気に闊歩するので、たくさんの方に「ヘルメット嫌がらずに良いわねえ~、偉いわね~」と声をかけていただく。聞くところヘルメット嫌いの子どもは多いらしい。自転車は乗り降りを頻繁にするし、嫌がられたら親はかなり面倒だ。

大人はどうかな。オーストラリアに住んだらかぶるしかないなあと思っている。
[PR]
by carparkee | 2006-06-23 12:19 | オーストラリア あれこれ | Comments(9)