移住された方々、移住する方々

仕事がいっぱい!ミスばっかり、忙しくて「これ以上処理できません」と泣きたい気分のとき、
「あああ~早くオーストラリア行きたい」と思ったこと、思うことありませんか?
carparkeeはあります。
「いつかオーストラリア(昔はNZだった)に移住するぞ!」という気持ちが
つらいときの支えです。
オーストラリアに移住したところで、さまざまな困難に直面するだろうし、
幸運にも仕事が見つかったら今よりずっと忙しいかもしれないのに・・・です。

つい昨日までは貯えが気になり
「移住はもう一年先延ばしにしたほうが良いかもしれない」なんて悩んでいたくせに・・・
疲れてくると心がオーストラリアに逃げます。あはははは。

いつ移住する? いつ仕事辞める? と悩みましたか、悩んでいますか?
carparkeeは悩みます。優柔不断極まりない。
下手に時間があるのがいけないのだろうか。

職場に占いが得意な方がいて、「今年は慎重に物事を進めるべき」ということだったので、
変にそれが気になって「えいっ!」と踏ん切りがつかないのしょうかね。

ご意見、体験談等頂けたら幸いです。
[PR]
by carparkee | 2006-07-06 23:24 | 移住まで あれこれ | Comments(7)

6月24日に再びオセアニア教育学会の月例勉強会に参加してきました。研究レポートでもなんでもない我々の移住計画に耳を傾けていただけることに感謝します。また、今回は強力なメンバーがさらに登場!今のお仕事は日本なれど、ご家族やご自宅はメルボルンという方もいらしていました。たくさんのアドバイスや現地情報を頂きました。
具体的にどんな話が出たかというと・・・

≪運転免許取得と車の購入≫
オーストラリアは車社会。より早く生活を落ち着かせるためには日本にいるうちに運転免許を取得し、現地では早々に車を購入したほうがよい、とのこと。家探しも車があったらずっと効率が良い。

我が家、現在は車を持っておりません。yellow-busが運転免許を持っておらず、carparkeeはほぼペーパードライバーに成り下がっている状況です。普段の生活では徒歩・電車・自転車のみで不便を感じてないものですから、車のことは全然頭にありませんでした。都内の生活にどっぷり浸かっておりました・・・。

オーストラリアでは保育園や学校への送り迎えにも車は必要。よほど家と学校が近くなければ送り迎えが義務付けられています。評判のよい学校に近い物件は送り迎えの負担が軽くなりますから、家賃も高くなるのだそうです。

≪現地調査を綿密に≫
条件の良い家族向け賃貸が見つかるまでには一ヶ月はかかると思ったほうがよい。yellow-bus・carpakee共にメルボルン単独調査をしたほうがよいのでは。その際、yellow-busは就職活動もしてきたほうがよいのではないか。

≪家探しは学校探し≫
「どこに住むか?」は「子どもにどんな学校教育を与えられるか」と深~く結びついている。よって住むエリアは慎重に選ぶべし!学齢期はすぐにやってくる。家探しの際には近隣学校の評判も調べること。

≪教師の仕事はなかなか見つからない≫
ご家族がメルボルンにいるという方の奥さまは小学校で日本語教師をされているそう。良い職場が見つかるまでには紆余曲折があったそうです。まずはボランティアから始めて、気長に職探しをすること。

自分では分かっていたつもりの話も、メルボルンの状況に詳しい方から直接に話を聞くと違いました。
なかなかシビアです。移住準備についてまた考えていきたいと思います。
[PR]
by carparkee | 2006-06-29 23:45 | 移住まで あれこれ | Comments(2)

「家探し」のための渡豪

2007年7月に一家揃ってオーストラリアに引越しをしてしまう前に、家探し&保育園探しをしようと考えています。問題は誰が行くのか?1年も先のことなのに、バカみたいに議論しています。

ちなみにわが家は3人家族です。
ホテルマンの夫(yellow-bus)、高校教師の妻(carparkee)、保育園児の娘(Hannah)
ということで、行くなら夫か妻のどちらかです。

今後のプランは以下のとおり(2007年)
--------------------------------------------------------------------
3月末  carparkee退職、せっせと家を片付ける
4月末  carpakree、Hannahを連れて実家に帰省。親孝行をする
5月中  船便で荷物を発送
6月頭  yellow-bus有給休暇消化に入る
6月中  Melbourneに単身で飛び(2週間程度)、家探し&現地調査
7月初  一家でMelbourneに移動
--------------------------------------------------------------------

なぜ決まらないのか。それはお互いに責任を回避しているからです。
生活の拠点となる家探し、その後を大きく左右することは間違いありません。

≪carparkeeの主張≫
・調べることも苦手な上に決断力のない自分が行くべきでない
・一人では心細い
・独身気分でたまには一人旅でもしてみたら?

≪yellow-busの主張≫
・そんなに子どもに会えないのは寂しい
・育児をcarparkeeには任せられない
・いざ!というときの交渉力はcarparkeeにはかなわない(?)

このような理由で互いに譲りません。
早割りでチケットを購入するとなると2007年3月ですから、まだまだ時間はあります(笑)。
[PR]
by carparkee | 2006-06-18 00:20 | 移住まで あれこれ | Comments(8)