渡辺鉄太『緑の森のバイリンガル~多言語文化社会での子育て、オーストラリアでの実践』三修社、を読んでいます。昨年出版された本です。

著者である渡辺氏は、娘さんが1歳のときに日本人の奥さまとメルボルンに引っ越しています。モナッシュ大学で言語学のPhDを取得後メルボルン大学で日本語を教えた経歴を持っています。そのため、バイリンガルに関する専門的知識をもとに、「英語と日本語の環境で子どもが育つこと」について日常の子育て場面に沿って分かりやすくこの本を書かれています。魅力的なのは、成長するにつれ英語が中心になっていく娘さんの生活を肯定しつつ、家庭では日本語を強制せずに日本語での語りかけを辛抱強く続けているところ。忍耐強い日々の実践で、とても勉強になります。

また、メルボルン東部の地理感覚を養うのにも役立ちそうです。奥さまが描かれたステキな手書きの地図の添えてあり、郊外にどんなエスニックコミュニティが形成されているのかわかります。

オーストラリアで生活していく場合、「子どもに日本語での力をどの程度つけさせたいのか」は大きな課題でしょう。話すことが出来れば良いのか、ある程度の読み書きまでできるようになって欲しいのか。はたまた日本語を使って、日本のカリキュラムを理解するレベルを目標とするのか・・・などなど。

この話の延長線上として、オセアニア教育学会・勉強会ではこんなアドバイスをいただきました。「住む場所を決めるにあたって日本語補習校に通わせるのか、通わせないのかを先に決めたほうがよい。」毎週末のことだから補習校まで遠いと家族の負担も大きいからだそうです。lakemakenzieさんにも同様のコメントをいただいています。なるほど、なるほど。

どこに住むにしても、子育てとは様々な決断を要するものですね。
[PR]
by carparkee | 2006-07-15 10:24 | 移住まで あれこれ | Comments(11)