NHK 7時のニュース

SBSというマイノリティ向けのテレビ局では世界のニュースや、ちょっと他の局ではやらないような世界情勢に関するドキュメンタリーなどを放映します。日本のニュースを見ることもできて、NHKの夜7時のニュースが翌日の朝5時過ぎに放送されます。

ニュースはネットで読むことができるので、これまであまり見たことがなかったのですが、静岡で地震があったときに私の実家のことを心配したyellow-busさんが録画してくれて、それをきっかけによく見るようになりました。

最近はほぼ毎日録画してもらって、夕食の前後に子どもと一緒に見ることが多くなりました。選挙のニュースもおもしろかったし、ここ数日はイチロー選手が大人気で「ふうん」と思いながら見ています。新型インフルエンザの流行も大きく取り上げられていて、年末に12人の生徒たちが日本に行くので(その準備が大変なのですが)心配になったりしています。

ニュースを見ている30分間は自分が日本にいるような気分になり、ニュース番組が終わった途端に流れ始める英語が自分を現実に引き戻す、といった感じ。なんか、変な感覚なのです。

うちの娘はオバマ大統領とか、カルザイ大統領とか、各国の大使とかのインタビューで英語が使われる場面になると、「うん、わかる」などと言います。「で、何が分かったの?」と聞けば「わすれちゃった」やら「分かんない」やらと適当な返事が返ってきますが。すっかり頭の中は英語みたいで、音に慣れているから分かる気がしちゃうのでしょうか。

じゃ、日本語のニュースそのものはチンプンカンプンかと言うと、そうでもない様子です。鳩山さんの言ったことについてコメントすることもあるし、質問してくることもあるし。

うちの父はちょっと小沢一郎似で、小沢さんが出てくると「じいじだよ~」などとくだらないことも一緒にやっています。いろんな楽しみ方ができるNHK 7時のニュースです。
[PR]
by carparkee | 2009-09-15 22:32 | Comments(0)